富裕層はどのような考えでお金を使っているか

高級ブランド品を身に着けていたり、高級車を複数台所有していたりする人は、富裕層だということが一目瞭然だろう。しかし、決して富裕層が例外なくそうかと言うと、必ずしもそうではない。富裕層の中には、外見からだけでは富裕層だとわからない方も多い。

では、富裕層と呼ばれる人々は、どのような考えでお金を使っているのか。もちろん人それぞれ考え方は違うが、ひとつの傾向として「自身の考え方、こだわりがはっきりしていて、流行に流されるようなことがない」人が多い。

たとえば、衣服に関しては有名ブランド品ではないが、環境や労働者に配慮したエシカルファッションを好む方もいれば、有名ではないが創業者の理念やブランドの歴史に共感し、そのブランドのファンになっている方もいる。これは、ビジネスオーナーが確固たる自身の経営理念を持っていることにも似ている。

ポイントは、「自分が納得のいかない物事にはお金を使わない」ということ。つまり、いくら最高級の素材を使って作られたものでも、納得しなければ買わない。逆に、特に高級品というわけではなくても、特別な価値があるものと思えば購入し、長く愛用する。

もちろん、実際にはターゲットとなる富裕層の属性(性別や年代など)などが異なるため、しっかりと設計された調査によって得られた富裕層の傾向やニーズに基づいて商品開発を進める必要があるが、これは商品開発のヒントにもなるはるだ。

 

当社では、定期的、継続的に富裕層の意見を取り入れた富裕層向け商品開発支援「ハイネットワースラボ」を通じて、富裕層に受け入れられる新たな商品を販売したいと考えている企業様などをサポートしています。まずは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 「富裕層マーケティング55の法則」執筆中!

  2. 富裕層マーケティング:セールスプロモーションツール評価

  3. 富裕層リサーチの傾向 その9

  4. 富裕層リサーチ依頼の傾向その5

  5. ランドバンキングと富裕層資格

  6. 大企業のロイヤルカスタマー戦略、他