若者だけではない。富裕層対策が進む渋谷の今。

セルリアンタワー東急ホテルが、2019年3月、客室の全面リニューアルを完了する。
これは、2014年度より客室改装を進めてきた5カ年計画で、この3月の「スイートルーム(37階)」の完成をもって、全てが終了する。今回の改装では、2001年開業時に9室だったスイートルームの客室数が14室と大幅に増えることになる。渋谷に来る富裕層をターゲットにした改装だ。新スイートルームには、和モダンのデザインを採用。家具やファブリック類は“日本製”にこだわり、日本の伝統工芸品や模様を取り入れている。宿泊費1泊12万8,304円から64万1,520円で販売する予定。訪日富裕層にとって、あこがれの渋谷に泊まるという選択肢がまた1つ増えたことになる。渋谷の開発にますます目が離せない。

記事元(訪日ラボ)はこちらから

関連記事

  1. 外国人富裕層向け宿泊、居住施設のコンシェルジュサービスが本格始動

  2. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  3. 愛知県、外国人富裕層の医療ツーリズム促進に向けた海外PR事業を推進

  4. 1泊50万円以上支払える海外富裕層をいかに取り込むかが富裕層インバウンドの肝

  5. 欧米豪富裕層にとっては当たり前のビジネスジェット。いよいよ日本航空も参入。

  6. 加速する富裕層囲い込み戦略