全国1位の伸び率!岐阜県のインバウンド宿泊者数

2018年度の岐阜県における外国人延べ宿泊者数は、観光庁が発表した「宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(確定値))」によると、前年比52%増の約148万人だったことを発表した。
2016年に過去最高の約101万人から約47万人増え、大幅に記録を更新した。県別順位では全国で13位だったものの、前年比の伸び率では岐阜県は52%増で、全国1位の伸び率を記録している。

岐阜県の飛騨地域は、早くからインバウンド戦略を練り、昨年宿泊した外国人観光客の数は2011年に比べると約5倍の55万人超えになっている。インバウンド需要に対応するために、多言語対応や街歩きの工夫などで、地域の魅力を打ち出してきた成果だ。

実際に高山などへ行った事はあるだろうか?海外から来た友人を案内した際に驚いたのが、観光客のために用意している無料Wi-Fi。7日間無料でインターネットに接続できるのだ。

Wi-Fiを利用することのメリットとして、旅行中に撮影した写真をSNSにアップできる点だ。時差なくSNSへの投稿ができることが、ダイレクトなプロモーションになっている。さらに、無料Wi-Fiを提供するために登録の際に、メールアドレスのほかにも、国籍や性別、年齢など、いくつかの情報を入力してもらうのだが、そのデータをマーケティングに活用しており、集めたデータを施策に反映させるなどマーケティングデータとして即活用し改善している。

岐阜県への訪問者を国・地域別にみると、1位が中国、2位台湾、3位香港、4位タイ、5位韓国の順に多かった。

関連記事

  1. 「イプソス 2018グローバル富裕層調査」から、富裕層インバウンド戦略における「グローバル・アフルエンサー」の活用を考える

  2. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  3. 中小機構が外国人富裕層獲得を目指す企業を対象とした富裕層インバウンド商談会を開催

  4. プライベートゲレンデを活用して外国人富裕層旅行客を取り込むという視点

  5. 欧米豪富裕層にとっては当たり前のビジネスジェット。いよいよ日本航空も参入。

  6. 富裕層マーケティング資料(マーケティングレポート)総合研究所~富裕層ビジネスに関する国内外の注目動向をまとめたマンスリー型レポート~