訪日富裕層に向けた1時間75万円のサービスとは

観光事業を手掛けるインアウトバウンド仙台・松島(仙台市)は3月に発表した、仙台空港を出発する訪日富裕層外国人旅行者向けのヘリコプター運航サービスの1機の料金は、移動が1時間40分で106万円、周遊型観光が1時間で75万円(いずれも税別)だ。移動は、仙台空港-むつ市間の移動サービスと、周遊は、松島湾などの上空を遊覧して仙台空港に戻る周遊型観光サービスを基本商品としている。定員は5人。周遊型観光には外国人通訳ガイドが1人同乗する。東北エアサービスで記者会見したインアウトバウンド社の西谷雷佐社長は「外国人富裕層は滞在1回で200万円以上使うと言われ、高価値高単価のツアーに需要はある。」と語っている。

記事元(河北新報)はこちらから

関連記事

  1. 沖縄県がインドの富裕層を狙ったウエディングサービスへ

  2. 香港富裕層の人気が高まりつつある日本への個人旅行(FIT)

  3. 外国人視点で見る日本の富裕層向けホテルの課題

  4. 欧米豪富裕層にとっては当たり前のビジネスジェット。いよいよ日本航空も参入。

  5. 訪日中国人富裕層に対応した医療通訳業務を強化

  6. ユーロモニターの都市別外国人訪問者数ランキングから見えてくる富裕層インバウンドの重要性