ライフセトルメントと二次相続&富裕層ビジネス資格

ライフセトルメント総合研究所はこちら

www.lifesettlement.jp

ハイネットワース相談士の級数があがっていくと、相談のレベルも当然ハイレベルになってくるはずだ。これからの日本で相談事項が多くなるのが相続に関することなのは明白だ。国内でできることだってたくさんある。非課税枠を徹底的に活用する、現金を不動産に変えておく、いろいろな方法論があるはずだ。そして海外生命保険を結果的に購入するのもひとつの方法だし、それを売却するのも二次相続を考えた場合は選択肢のひとつかもしれない。

海外生命保険の大きな特徴は2つある。ひとつはレバレッジ率が高いこと。100万ドルで加入して1000万ドルくらいの死亡保障がつくこともよくある。もうひとつは、売買マーケットがあること。ライフセトルメントという。簡単に言うと、自分が死亡する前にある算定式をもとに保険を事前に現金にしてしまう、という考え方だ。いいか悪いかという議論ではなく金融商品として海外では一般的な話である。
富裕層と相続、というテーマの相談を受けた際に最も大切なことは選択肢を提供することだ。そこにいい悪いの判断を持ち込まなくても構わない。判断は顧客自身だからだ。

顧客の悩み解決、ハイネットワース相談士を取得することからスタートしよう。小さく始められる。
時代にもマッチしている。

ハイネットワース相談士はこちら

www.businessschool.jp

関連記事

  1. 富裕層はどのような考えでお金を使っているか

  2. 分譲住宅/マンション総合研究所と富裕層ビジネス資格

  3. (終了しました)第1回 メーカー/製造業向け富裕層商品開発セミナー「富裕層に響く商品開発に向けたコンソーシアム」

  4. 「イプソス 2018グローバル富裕層調査」から、富裕層インバウンド戦略における「グローバル・アフルエンサー」の活用を考える

  5. 富裕層をインターネット集客するアイデア

  6. 海外生命保険で二次相続まで考えることと富裕層向けビジネス検定資格